読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきものぐらし

20代後半女性の好きなものたち

東京の小学生の修学旅行の行先は「福島」にして欲しい。

東京の人たちが、福島に原発を作ったせいで事故が起こった。

東京電力がどうして、福島に原発を作ったのか本当に謎。原発は安全なんだから、東京に作って欲しいと思う。

 

しかも、その原発のせいで、福島から非難した子どもがいじめられるってどういうこと?東京都民の電力を作るものを、福島に作らせてあげたんだから、感謝や謝罪があってもいいくらいなのに。そんなありがたみや、申し訳なさがない人たちの原発を作ったのならもう稼働させないで欲しい。

 

 

東京都の小学校・中学校に通う人たちの修学旅行は福島でお願いします。

現実を見て欲しい。あなたたちの使っている電力を賄うために、福島の人たちが犠牲になったんだ。福島県民が使う電力じゃない。すべて、東京の人たちが使う電力のためにです。

 

それもわからず、福島から地元を離れて暮らさなきゃいけなくなった子どもをいじめるし、ゆするってどういうことなの?ほんとに怒りを通り越して、あきれます。

 

 

現地の人の苦しみも、哀しみも理解できないのなら、理解できるようにするのが学校とオトナの役目ではないでしょうか。放射能が危険だから、修学旅行先には認められないは言い訳です。あなたたちの電力を補うために福島県の綺麗な土地と海が汚れてしまいました。本当に悲しいと思います。畑や田んぼを失った人もいるし、家に帰れない人もいます。大好きな學校もいけなくなった人が多い。それで、不本意ながらも引っ越しをしたんです。

 

その先でいじめられるとか、本当にないと思う。そんな子どもに育てた親も親。そんな子どもに注意もできず、野放しにさせる学校も学校です。福島が原発を作らせたのが悪いと言う人もいるかと思いますが、「安全だから」と言われて作ったものです。事故の可能性は極めて低いと。

 

そんなことがあったことも含めて、福島の人たちの悲しみと、復興に向けて頑張っている姿を見るために、修学旅行先は福島にして欲しい。そこで何も感じず、「田舎じゃん」「都会の方がいい」と思ってしまう子どもは、もう手遅れだと思う。でも、福島で過ごした子どもたちが、どんな思いで避難したかは説明してあげて欲しい。

 

どんな現状を目の当たりにしたか、原発事故はどこの人たちのせいで起こったのか。今、その放射能のせいでどれだけ苦労しているのかを知ってて欲しい。だいぶ過激に書いているのはわかりますが、あんまりにも被災地の人たちが守られていないところを見ると悔しくてしょうがないです。

 

子どもは「未知」な人たちを見ると、集団で攻撃してしまいます。それは、本能なのでしょうがないです。でも、その「未知」なものを知る機会を与えることが大事なのではないでしょうか。ぜひとも、東京電力の力を借りている地域の人たちは、福島に年に1度来るという義務をかせて欲しい。でないと、個人的に怒りや悲しみはおさまりません。

 

以上、かなり私情の入った記事でした。