読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきものぐらし

20代後半女性の好きなものたち

【1日10記事】わたしが、記事をたくさん書く理由。

f:id:seki-eri:20161219091414p:plain

私が質より量をとる理由。

これは単純なお話しで、今最高峰のプロブロガーであるイケダハヤトさんが言っているからやっているだけです。

 

www.ikedahayato.com

 

 

ここからは文章を引用しますね☆

 

これはあらゆるところでも書いてますが、とりあえず、ブログメディアの場合は「本数が命」だと思ってください

本気でブログを書いていこうとするのなら「1日10本」は書いてください。

えぇ、薄っぺらな記事でもいいんです。最初はとにかく、本数をこなすことが重要。そうじゃないと勝負にならない。

多くの人は「薄っぺらな記事ではダメだ」と思い込んでいます。

違いますよ、それ。ハフィントンポストの猫記事とか、超薄っぺらじゃないですか。でも、これが読まれてしまうのですよ。動画一枚貼っただけなのにw

 

 

「薄っぺらな記事でアクセスを稼ぐ」のも、読まれるウェブメディアを作るひとつの技術なのです。そこを勘違いすると読者数は増えません。

軽い記事でアクセスを稼ぎつつ、内容の濃い記事も書く」というのが、今の時代、ブログメディアを育てる基本的な戦術です。

やり方によっては「サクッと書いた記事ほどウケるし儲かる」とすら思います。この記事みたいな長いものは、あんまり収益性がよくないですね……。書きたいから書きますが。

もちろん、本数を重ねていけば、書き手としての成長も加速します。1日10本素振りをすれば、そりゃあ、ある程度は上手くなりますよ。

ブログ記事なんて、全部「素振り」でいいんです。渾身の記事を毎日書くのは疲れますし、そんなものは読者も望んでませんからね。「薄い記事を許容し、その道を極めようとする」、これが最初のハードルです。

 

この文章にわたしはすごく感銘を受けてます。

もちろん、感銘を受けるだけじゃなくて実践もしています。

ブログ記事なんて「素振り」って言えるあたりがすごいな~って思いますし、練習しないと上手くなんて絶対なれない。

 

それは、バスケでも一緒ですもん。

バスケマンガで王道のスラムダンク桜木花道なんて、1週間でシュート2万本打ってますからね。

これくらいやって、初めて全国の人たちとギリ立ち向かえるんです。

花道の場合ずば抜けた身体能力がありますから、あんまり参考にはならないかもだけど。笑

 

今個人的に好きなバスケマンガであひるの空があるんですけど...

あひるの空 (1) (少年マガジンKC)

この主人公、最初の頃1日1000本の3ポイントのシューティングしてましたからねw

怪物ですよ、本当w

でも、それくらい数をこなさなければ精度なんかあがんないんです。

だから、最初っから質をこなすよりも量をこなした方が絶対にいいな~って思います。

量こなしたら自分の個性がどんどん磨かれていく気がしますしね♡

 

おわりに

バスケ好きが再燃してきたからか、数をこなすことに快感を覚え始めてます。(変態w)

バスケのシューティングの時もそうだったな~。w

一人黙々とシュート打つのが好きでした。スキルを上げていくのが好きでした。

だから、今日もブログのスキルを上げるために10本書きますよ~♡

アクセスアップを図るためにも頑張りまっす\(^o^)/

 

では、また更新します(/・ω・)/☆

 

●合わせて読んでいただきたい記事|ω・)♡

 

 

seki-eri.hatenablog.com

seki-eri.hatenablog.com

seki-eri.hatenablog.com