読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきものぐらし

20代後半女性の好きなものたち

【カウンセラーの戯言】自分の理想の生活をイメージするのって本当に大切

f:id:seki-eri:20161213080117j:plain

自分の理想の生活はありますか?

あなたは、自分の理想の生活像ってイメージしたことはありますか?

実は理想のイメージを持つことって本当に大切なんです。

この記事は、カウンセラー視点でお話しさせていただきます。

 

 

理想の生活を描けない人

わたしのクライアントさんの多くに、理想の生活を描けない方がよくいらっしゃいます。当然ですよね、心がすり減らされてきているわけで、理想の生活以前の問題だよ、って皆さんおっしゃられます。

 

でも、よく考えてみてください。あなたが、心をすり減らしてまで働いてしまった原因って「理想の生活像」をもってないまま社会に出たがゆえに、だったのではないでしょうか?

 

具体的に言うと、もしもあなたが入社する前に「家族とゆっくり時間をとることが自分の理想の生活だ」と思い描いていたならば、定時になるべく上がれる会社やもしくは自宅に仕事を持ち帰ることができる会社を調べ選択できたはずです。

「人間関係がめんどくさくないところ」とイメージしたならば、会社の口コミやOB・OG訪問ができたはずです。

 

理想の生活をイメージさせる

わたしは、心の疲れがとれてきたクライアントさんには、よく理想の生活をイメージしてもらいます。今の自分の置かれてる状況なんぞ気にしない。ぶっとんだ生活のイメージをしてください、といいます。笑

 

クライアントさんも最初はぶっとんだ理想の生活イメージを話してきます。でも、それって本当に幸せですか?って聞くと幸せじゃないね~なんて言って訂正します。笑

そして、「本当の幸せがつまった生活」をイメージしてくださいっていうと、必ず「小さい幸せがたくさん詰まった生活」を想像されるんですね。

 

例えば「朝はゆっくり出勤。職場で同僚といいコミュニケーションがとれる。平日は遅くても9時には変えれて子どもの寝顔が見れる生活」とか。一人の人だと「出勤前まで寝られて、土日出勤がない生活」など生々しい答えが出てきたりします。

 

わたしだったら「朝、余裕で過ごせて、家でゆっくり仕事ができる環境。午後3時までに仕事が終わっている生活。自分のやりたいことがたくさんできる生活」が理想です。なかなかぶっ飛んだイメージですよね。笑

 

でも、理想の生活は人それぞれで、いろんなイメージがあっていいと思います。大切なのは自分の理想に「どうやったら近づけるか」を考えること。立派な会社に勤めなくてもできることだってたくさんあるし、逆に立派な会社に勤めなければやれないこともあります。

 

あなたの理想の生活はどんなものでしょうか?

そしてそれを叶えるためには何をするべきでしょうか?

こころをすり減らさない生活を送るために、ぜひ考えてみてください。

 

では、また更新します(/・ω・)/

 

 

●合わせて読んでいただきたい記事|ω・)♡

 

seki-eri.hatenablog.com

seki-eri.hatenablog.com

seki-eri.hatenablog.com